消費者金融やクレジット会社などからの借入で多重債務になった方の生活を再建するために債務整理の手続や、自己破産、個人再生手続の申立てや払い過ぎた利息の返還請求をします。

○任意整理
 消費者金融などからの借金が多くて、返済が難しくなった場合にとる方法です。
 消費者金融などに取引履歴の開示を求め、利息制限法の上限金利に引き直して計算し、将来利息をカットして3~5年の期間内に分割弁済します。

○個人再生
 借金が3000万円以内の場合、借金をカットし5分の1ないし100万円の大きい方を3~5年の期間内に分割弁済します。(但し、自分の持っている財産よりは多く返済しなければなりません。)
 住宅ローンはそのままにして、自宅を守りながら他の借金だけを減額することも可能です。

○自己破産
 任意整理や個人再生の方法によっても借金の整理が出来ない場合にとる方法です。
 自分の持っている財産を全部換価して借金の返済に充てても返済できない場合、借金をゼロにして一から経済的再生を果たすことができます。