近時、生活困窮のためにやむやく住民税・国民健康保険料を滞納している市民に対し、滞納に至った具体的事情を鑑みることなく、容赦ない徴収する自治体が増えています。 滞納した住民税・国民健康保険料を差押えなどの手段を用いて、徴収することは自治体の当然の権利ともいえますが、年金や給料が銀行口座に入金された時点で事実上全額を差押えるということもなされています。 国税庁「納税の猶予等の取扱要綱」によれば以下の通 […]